潤いを逃がさないように守ってくれるのがセラミド

肌というのは天然の保護作用が働いていて、潤いを逃がさないように守ってくれています。
それに重要なのがセラミドです。

 

セラミドとは

 

皮脂とNMF、細胞間脂質という三つのものが合わさって、健やかで潤いのある肌を守ってくれています。
この細胞間脂質の多くを占めているのがセラミドです。

 

セラミドは角質の隙間を埋めるように存在していて、肌の水分が逃げないようにしっかりとガードしています。
また、外から異物が入り込まないように肌を守る役目もしています。

 

セラミドが減ってしまうとどうなるか

 

加齢や生活習慣の乱れなどでセラミドの量は減少してしまいます。
水分を肌の内側にとどめておくことができなくなりますから、乾燥肌まっしぐらです。

 

肌表面の角質が乾燥しますからしわができやすくなり、ターンオーバーの乱れによって古い角質が毛穴に詰まり、ニキビの原因にもなります。

 

また、紫外線などの影響を受けやすくなりますから、シミが増えてしまったり、肌の奥のコラーゲンが破壊され、たるみなどの肌老化が起こりやすくなります。

 

セラミドを増やすにはどうするか

 

減少しているセラミドは外から補ってあげる必要があります。
化粧水や美容液など、セラミド入りのものがありますから、上手くスキンケアに取り入れていきましょう。

 

また、セラミドは洗顔によって洗い流されやすいですから、洗顔方法にも気をつけるようにしましょう。

 

まずは、洗顔料は肌に合ったものを選びましょう。
洗浄力が強すぎるものは皮脂やセラミドなどが奪われやすいですから、汚れのみを落としてくれるものがベストです。

 

また、洗い方にも充分に気をつけましょう。
こすったり力を入れすぎるとセラミドが失われやすくなります。

 

たっぷり泡立てて泡で洗うような感覚で洗顔を行うようにして、すすぎの時には温度をあまり上げすぎないのがポイントです。

 

タオルで拭く時にもごしごしこするのではなく、顔にタオルを優しく当てて、水分を吸い取るような感じで行うのが良いでしょう。