50代からのくすみ対策には美白化粧品がおすすめ

肌色が悪く不健康に見られてしまうのがくすみです。若い頃はなかったのにいつの間にか黒ずんでいたというケースがほとんどです。

 

くすみの出方は人それぞれですが、50代ともなると症状がかなり進むケースも多いといいます。いつまでもきれいでいたいのに肌がくすんでいては台無しです。となるとどうにか化粧品で対処しようと考えるのは当然です。50代からのくすみ対策には美白化粧品がおすすめです。

 

シミではないのになぜ美白化粧品なのかという疑問が出るのは当然です。そもそもくすみというのはいくつか種類があって、50代の場合はメラニンの蓄積による色素沈着が原因のことが多いからです。メラニンは刺激から肌を守るために発生するいわば防御策であって、本来であれば肌のターンオーバーとともに徐々に肌上部に押し上げられて最終的に垢となって排出されるはずです。ただ、加齢やストレスによってターンオーバーの周期が遅くなることでメラニンの残骸が肌に残ったままになることがあり、それがそのまま色素沈着してしまい、それが肌をくすませる原因なのです。

 

美白化粧品とは何らかの方法で肌のターンオーバーを促して肌内部に残ったままのメラニンの残骸を排出させることで美白に導く商品です。もちろん効果の出方は個人差がありますが、毎日継続して使うことで、ある程度の効果は得られると言われています。即効性が欲しいとか強い効果が欲しいなら医薬品です。皮膚科や通販などで効果の強い美白系の医薬品を入手できるので、それらを使うと早くキレイになれるかもしれません。ただ、効果が強い分、肌への刺激も強いので、副作用の可能性も高くなります。炎症を起こしてそれが傷跡となっては意味がないので、もともと肌の弱い方はもちろん、そうでない方も使用の前にはパッチテストでアレルギーのないことを確認することです。

 

色の黒いくすみであればハイドロキノンやレチノイン酸などで一気にきれいにするのが効果的ですが、そこまで色が濃くなかったりもともと肌の弱い方はこの方法では肌への刺激が強すぎて副作用が出る可能性が高いです。そこで利用したいのがトラネキサム酸です。こちらは肝斑の治療に用いられることでよく知られている飲み薬で、血栓ができやすくなることから長期間の服用は禁止されています。これを飲んでもいいですが、やはり血栓が気になる方も多いでしょう。そこで最近登場したのが塗るトラネキサム酸です。こちらは肌に塗るタイプなので血栓などの副作用は気にせずに使用できます。

 

また、美白と同時に行いたいのが保湿ケアです。保湿と美白が繋がらない方が多いかもしれませんが、肌は潤ってこそ健やかになれるのです。潤いがあることで肌は深刻なダメージから守られているのです。保湿成分はたくさんありますが、注目がセラミドです。角質の細胞間脂質内にある成分なのでアレルギー反応が起こりにくいですし、分子が小さいので肌に浸透しやすいのもメリットです。